□ B D F

BDF(バイオディーゼル)とは

BDF BDFは、食用廃油(てんぷら油使用後の廃油)に化学処理を施し、メチルエステルを主成分とする液体燃料です。
 生成工程は、食用廃油にメタノール、苛性ソーダを加えエステル交換反応により、燃料のベースを作ります。その後、数回の洗浄ろ過工程を経てBDFが完成します。

 このBDFはディーゼルエンジンを軽油と同様に稼動させることができます。
 引火点は軽油に比べて約2倍高いため、取り扱い・貯蔵においても安全性は高く保持できます。
 排気ガスに含まれるSOxの発生源となる硫黄分は0.004wt%(軽油:0.05wt%)と顕著に低い値となります。また、成分中に酸素を含んでいるので、
エンジン内での燃焼が効率よく行われ、黒煙がほとんど出ない画期的な燃料です。 植物系燃料であるため、地球温暖化防止協定(京都議定書)上のCO2(二酸化炭素)排出量はゼロカウントとなります。
 まさに、環境負荷を大きく抑えた燃料であり、世界的に注目されています。

 環境、安全の観点からの法律をクリアしており、公道走行可能な軽油代替燃料なのです。弊社は、BDFを製造し、ディーゼル車、建設機械、発電機などに使用し、地球環境に優しい取り組みを進めております。

京都議定書スタート!

100%廃食油燃料車 温室効果ガスの削減を掲げた京都議定書が20052月に発行となり、CO排出量がゼロカウントとなるバイオディーゼルの活用がますます期待されます。

当社は環境的責任・社会的責任の一端を廃食油燃料(バイオディーゼル燃料)を通じ、担って行きたいと考えております。


青森リース株式会社 青森県十和田市大字伝法寺字大窪62番地1
TEL
 0176-28-3111(代表) FAX 0176-28-2837

(C) 2008 Aomori Lease Corporation. All Rights Reserved.